ブログ

冬の訪れ

今週に入り、急に寒くなりましたね。
昨日は彦根市内でも、朝から雪が舞いました。


去年は暖冬で雪が少なかったため、去年11月にオープンしてから初めて、このような景色を見たような気がします。
スタッフには、県南部に住んでいる者も多いため、改めて、彦根・湖北地域の冬の気候を実感しました。

niwaryでは、先月「オープン1周年大感謝祭」として、積雪対応のカーポート・テラス屋根・テラス囲いを県下最安値でご提供させていただくキャンペーンを実施しておりましたが、冬の外まわり対策で他に考慮に入れておきたいのが、立水栓の凍結対策です。

凍結破損が起きる原因
水が凍結し、氷になると体積が増加します。
すると、水道管や水栓柱、蛇口の中の圧力が高くなり、場合によっては破損してしまうのです。
凍結してしまった際に行ってはならないことは「熱湯を直接かけること」と「無理やり蛇口をひねること」。
蛇口を無理矢理ひねって、水をだそうとすると、水量を調整するパッキンが破損して水漏れを起こしてしまいます。水道管にヒビ割れの原因にもなりかねません。
「凍っているものは溶かせばいい」と安易に考え、直接、熱湯をかけてしまうと熱膨張して、水道管を破裂させる原因となります。
絶対にやめましょう。

正しい解決方法は、下記のとおり。
①蛇口や凍結している水道管にタオルを巻きつける。
②上からぬるま湯(40℃前後)をゆっくりとかけていく。
タオルを巻き付けて、ワンクッションおくことで、急激な温度変化を和らげることができ、破損を防止します。
また、直接お湯をかけるよりも、少ない量・低めのお湯で全体を溶かすことができます。

破損を防ぐためのポイント
破損を防ぐためのポイントは、
①少しだけ水を出しておく。
②水抜きを行う。
③毛布などで保温する。
です。

ずっと水を出しておくのも不経済だし、条件によっては、水浸しになってしまいますし、都度、毛布などでくるむのも大変ですので、水を抜くのが一番だと思います。
水栓柱に水抜き構造がある「不凍水栓柱」を使えば、凍結防止に役立ちます。

大人気シリーズ!!不凍水栓柱の「アクアルージュ アイス」
立水栓の冬対策

40㎜角のスリムな不凍水栓柱。14色のカラーバリエーションからお好みの色を選べます。
水抜きハンドルを90度回転操作するだけで凍結防止ができます。
また、吸気機構付なので、水抜き操作時に万が一、蛇口を開け忘れても、水が抜けるので安心です。
全6種のキュートな花ハンドルから選べます。
写真のものは、色はアイスブルー、花ハンドルはプルメリアです。

他にもいろいろなデザインのものや、普通の水栓柱を寒冷地仕様にできる水抜栓もありますので、お気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

Category
つぶやき
Tag
  • ニワリィ
  • ニワリー
  • エクステリア
  • カーポート
  • 外構
  • テラス屋根
  • niwary
  • テラス囲い
  • 立水栓
  • 冬支度
  • 不凍水栓柱